コンソーシアム交流会

コンソーシアム交流会

滋賀大学では2020年4月に新たに大学院データサイエンス研究科後期博士過程を設置し、より高度なデータサイエンティスト、所謂棟梁レベルの人材養成の体制を整え、名実共に国内最高峰のデータサイエンス教育研究拠点としての地位を堅実なものといたしました。そして2020年7月4日には開設記念式典を、オンライン方式を交えて開催し、ご関係の皆様よ り多数ご臨席賜り華々しく漕ぎ出だしたところです。

その式典の折に、DS研究科長でDS学部長の竹村から、Society5.0時代の社会的基盤となるデータサイエンス人材資源の好循環や産学連携によるDS技術の高度化等を図るため、企業様と本学データサイエンス学部生、院生及び教員・研究者の交流をより一層促進していくための活動「滋賀大学データサイエンス連携コンソーシアム事業」をご案内いたしました。本交流会につきましては、今後年4回程度の頻度で開催する予定です。


交流会のご案内

第5回交流会

 

第5回交流会を、2022年2月17日木曜日に開催いたしました。

第4回交流会

 

第4回交流会は、2021年9月29日水曜日に開催いたしました。

第3回交流会

 

第3回交流会は、2021年7月19日月曜日に開催いたしました。

第2回交流会

 

第2回交流会は、2021年2月9日火曜日に開催いたしました。

第1回交流会

 

第1回交流会は、2020年9月23日水曜日に開催いたしました。

日本初のデータサイエンス学部

滋賀大学は、日本初のデータサイエンス学部や大学院データサイエンス研究科を創設し、この分野における国内最高水準の教育研究拠点を形成しています。

 (一社)近江データサイエンスイニシアティブ(近江DSI)は、滋賀大学との連携により、企業研修を行い、人材養成や課題解決など、データサイエンスの社会実装に向けた様々な活動を行ってきました。